【参院選】比例区・一人のTPP反対派を当選させるために複数の推進派を当選させてしまう戦術をJAは見直すべきである

<当ブログ参院選シリーズ>
奢り高ぶる安倍自民・壊滅に向かう健全野党と危機に陥る民主主義/私の山本太郎擁護論
【参院選】「地方の反乱」こそが日本を守る。ふざけきった安倍・新自由主義政権を信任してはならない!<比例代表・全選挙区推奨候補リスト付>
【続報・参院選】自民党全候補者78名中TPP反対はたったの7名であることが判明 /それでもまだ安倍自民を支持しますか?
<当ブログ重要記事>
安倍政権は紛れもない新自由主義政権である。茶番と嘘の上塗りとナイーブな傷の舐め合いをやめ、現実を直視せよ!
安倍自民と橋下維新のウルトラ新自由主義亡国連立が近づいている。安倍と橋下を結びつけるもの
TPP反対運動が失敗に終わる理由。本当にこのまま国を売られてよいのか。

にほんブログ村 政治ブログへ

今回の記事は当ブログ参院選シリーズ第4弾である。以下の記事もご参照いただければ幸いである。

奢り高ぶる安倍自民・壊滅に向かう健全野党と危機に陥る民主主義/私の山本太郎擁護論
【参院選】「地方の反乱」こそが日本を守る。ふざけきった安倍・新自由主義政権を信任してはならない!<比例代表・全選挙区推奨候補リスト付>
【続報・参院選】自民党全候補者78名中TPP反対はたったの7名であることが判明 /それでもまだ安倍自民を支持しますか?

[安倍晋三を見限っている中野剛志]

ペンネーム東田剛(恐らく中野剛志)が三橋貴明のサイト『新日本経済新聞』に寄稿した最新の記事「竹中先生、日本経済 次はどうなりますか?」が示唆に富んでいたのでご紹介したい。

冒頭で東田(中野)は、
『竹中平蔵先生が「アベノミクスは理論的に100%正しい」と絶賛しています。
ということは、アベノミクスは新自由主義100%だということになります。』
と述べ、竹中が称賛する安倍政権の経済政策について述べ、批判をしている。
そして後半部が面白かったので、引用する。

<引用開始>-----------
昨年末に自民党は政権を奪還しました。そして今度の選挙でねじれを解消して政治を安定化させ、日本が世界に先駆けて新自由主義から脱却するはずでした。
そして、竹中先生はほとんど過去の人になっていて、ブレーンをつとめる維新の会と共に凋落していたはずでした。
そんな竹中先生を、周囲の反対を押し切って復活させたのは、安倍首相です。
<引用終わり>----------

注目すべきは、全体の基調は竹中を批判するように見えるものの、最後で安倍晋三を批判している点である。これは三橋貴明が決してやらないことである。中野は自らの信条理念に誠実であり、三橋は自らの商売に誠実である。

そして東田(中野)は追記のところでまた面白いことを書いている。

<引用開始>-----------
PPS
東田剛の分断工作のせいで、朝から気分が悪くなった方は、気を取り直して、この二冊で理論武装しましょう。
日本を取り戻すまで、先はまだまだ長いぞ!
http://amzn.to/10XzXGK
http://amzn.to/1aao2uo
<引用終わり>----------

「分断工作」という言葉は、チャンネル桜を見ている方ならすぐにピンとくるものだと思う。チャンネル桜の水島聡氏が「安倍政権への批判は保守分断」であるとする強引な意見を主張しているのであるが、東田(中野)は敢えてこの言葉を使って自らの言説を「分断工作」つまり「安倍政権への批判」としてあてつけ的に使用したのだと私は思った。

そして最後の一文「日本を取り戻すまで、先はまだまだ長いぞ!」が強烈な皮肉になっていることにも読者は容易に気づくはずである。東田(中野)がここに示唆しているだろうことは「安倍政権だと日本を取り戻すことはできない」ということに他ならないだろう。

[JAは比例区の戦術を根本的に見直すべきである]

前回の記事で自民党の候補者全78名の中でTPP反対は僅か7人しかいないということをお伝えした。「どちらかと言えば反対」という本当に反対票を投じるかどうか疑わしい消極的反対の10人をあわせても17人に過ぎない。

saninsen_jimin_tpp

特にひどいのが比例代表の候補で、下の図(朝日新聞ANN調査より作成)にあるように、全29人中、反対の候補はJA出身の山田俊男候補ただ一人で、「どちらかと言えば反対」も2人だけという惨状である。

Saninsen_Jimin_hirei_tpp

前回の記事を書いた後、山田俊男候補を支持するという農家の方から、「山田候補がどれだけ票を集めるかは大きな意味を持つと考える」というご意見をツイッターでいただいた。山田候補が多くの票を集めることで安倍執行部にプレッシャーをかけることができるという考えであると推察する。

私も山田俊男氏がTPP反対運動で精力的に活躍されてきたことは重々承知している。また、この方のような意見があることも想像できる。
私が最も危惧するのは、このままでは山田俊男候補が多くの得票を集めることで、却って多くの推進派の当選に貢献してしまうという皮肉な結果を招く可能性が非常に高いということである。私が今回の選挙で自民の比例候補を全て非推奨としているのにはこうした背景がある。もし山田俊男候補が選挙区での候補者であったとしたなら、当然推奨していたであろうということはご理解を願いたい。

現行の参院選比例代表非拘束名簿方式の仕組みでは、候補者名で投票しても、党名で投票してもよいこととなっている。しかし気を付けなければならないのは、個人名で投票しても、党名で投票しても、最初は党に投票したものとして集計され、それぞれの党の獲得した票の割合に応じて各政党に議席数が割り振られ、その後、その党の内部にて個人名投票の得票数の多い順に当選者が決まる仕組みである。

2007saninsen_hirei_jimin

上の図は、今回改選となっている分の前回の選挙にあたる2007年の参院選比例区での自民党当選者及びその得票数である(Yahoo!みんなの政治より)。

これを見ればわかるように、山田俊男候補は前回2007年の選挙では45万票近い票を獲得し、見事第2位で当選を果たした。他党もあわせた比例区全体の当選者の中でも4番目に多い得票数である。現行の仕組みだと、この集票によって自民党全体の得票も押し上げ、14名の当選者を出すことに貢献したということになるのである。

今回の選挙で山田俊男候補が再度多くの票を集めれば、皮肉なことにいまいましいTPP推進派の候補の当選に手を貸すことになるのである。繰り返しになるが、比例候補の中でTPP反対は山田俊男候補ただ一人なのであり、消極的反対も二人だけ。後はやたらと推進派ばかりが名を連ねているのである。

現在の安倍自民はTPP推進なのだということを肝に銘じるべきなのである。ここで前回の衆院選の如く自民の二枚舌に騙されてはならない。

私は山田俊男候補がいかに多くの票を獲得するかということよりも、いかに推進派の候補の当選者を抑える一方、反対派をより多く当選させるかという現実的な対応をJAが採るべきであると強く思う。

[山田正彦元農水相を強く推す]

以前の記事でお伝えした、週刊現代(5月25日号)の予想では自民は比例で28議席獲得するという予想で、その後出た産経新聞(5月29日付、リンク切れ)の調査では30議席となっていたのであるが、最近の朝日新聞(7月7日付)の参院選比例投票先の世論調査結果でも自民への追い風は衰えを見せておらず、比例で41%の支持率を集めているという。つまり自民の比例区候補者29人全員が当選して、まだ足りないということになりかねない情勢なのである。
はっきり言えば、JAが山田俊男候補を支援するか否かはもはや大勢に影響を与えないとさえ言える調査結果となっている。

私が強く推したいと思うのは、民主党内部で粘り強くTPP反対運動を展開し、後に亀井静香と新党「反TPP」を結成し、亀井とともに未来の党に合流するも昨年の衆院選で落選し、今回亀井のいるみどりの風から比例で立候補した山田正彦元農水相である。山田正彦元農水相はこれまでにも海外視察を精力的にこなし、重要な情報を逐一公にしてきた実績を持つ貴重かつ筋金入りの反対派であることは皆さまもご承知のことであると思う。

JAは45万もの票を集める力があるのであれば、少なくとも他のTPP反対派候補も当選させるべく票を分散するのがこの状況における現実的対応ではなかろうか。推進派候補ばかり多い自民に票を集めるのは自殺行為に等しいと私は思う。JA・農政連が方針を変えないのだとしても、せめてこの記事を読んでくださった農業関係の皆様には他の方にもお声掛けの上、ぜひ比例で山田正彦氏に票を投じて頂けたらと願うものである。

下の動画は、皆様も既にご覧になられた方も多いことと思うが、山田正彦氏の呼びかけに応じてTPP反対集会で演説をする中野剛志・京都大学准教授(当時)である(向かって左が山田正彦氏)。斎藤隆夫の反軍演説を用いた名演説である。今一度ご覧いただきたい。

そしてもう一本動画をご紹介したい。これは今回の参院選でみどりの風から比例区で立候補している山田正彦氏と、東京選挙区から立候補している山本太郎氏が7月3日に行った対談の模様である。山田正彦氏がTPPに関する貴重な情報を語っている。

にほんブログ村 政治ブログへ

<動画:中野剛志の反TPP演説>(2011年11月5日、有楽町イトシア前)

<動画:山本太郎 X 山田正彦>(2013年7月3日)

にほんブログ村 政治ブログへ

Advertisements
This entry was posted in anti TPP, ネオリベ, TPP, 参院選2013, 反ネオリベ, 反TPP, 反新自由主義, 政治, 政治・時事問題, 新自由主義, 日本, 日本社会, 民主主義. Bookmark the permalink.

One Response to 【参院選】比例区・一人のTPP反対派を当選させるために複数の推進派を当選させてしまう戦術をJAは見直すべきである

  1. Pingback: 安倍自民圧勝と冬の時代の到来 / 山本太郎当選の意義:オールタナティブ運動の核となれ | 書に触れ、街に出よう nico's blog

Comments are closed.