仰天!地下原発推進の超党派議連が発足する!原発に固執する裏には何か秘密でもあるのではないのか

ドイツ気象局(DWD)(トップページ右側の[Ausbreitung Japan]の右をクリック→次のページの画像[Loop Starten]をクリック→放射能拡散予想閲覧可)
台湾による放射能拡散予測
全国の放射能濃度一覧 ・ 水道の放射能濃度一覧 ・ 雨の放射能濃度一覧・ 全国の食品の放射性物質一覧
ベクレル→シーベルト換算
フランス・メディア・ニュース
フランスねこのNews Watching
原子力資料情報室
武田邦彦・中部大学教授ページ
脱原発系イベントカレンダー
脱原発・日本全国デモ情報
↓↓よろしければクリックをお願いします!日本ブログ村政治ブログランキング
にほんブログ村 政治ブログへ

[仰天!地下原発を推進する超党派議連が発足する!]
驚くべきニュースが報じられた。4人の首相経験者を含めた大物政治家たちが中心となって、地下に原発を建設する超党派議員連盟が31日に発足するという。朝日新聞5月21日付「原発の地下建設推進、議連発足へ 与野党党首ら超党派」より引用する。

<引用開始>———————–
4人の首相経験者や与野党党首が顧問に名を連ねる「地下式原子力発電所政策推進議員連盟」が31日に発足する。表向きは勉強会だが、名前を連ねるベテランの顔ぶれから、大連立や政界再編に向けた布石との臆測も呼びそうだ。
議連の顧問には民主党の鳩山由紀夫氏、羽田孜氏、自民党の森喜朗氏、安倍晋三氏の首相経験者のほか、谷垣禎一総裁、国民新党の亀井静香代表らが名を連ねた。たちあがれ日本の平沼赳夫代表が会長に就いた。
<引用終わり>————————-

[なにゆえ原子力に固執するのだろうか: 原発で核兵器開発をしているのではという見方]
脱原発エネルギーシフトを訴える声は日に日に大きくなってきている中、これとは全く逆行する動きを主要政党の大物政治家たちが集まって行っていることに大いに失望させられる。これではいかに無能・無策・隠蔽体質の菅内閣を退陣に追い込むことができたとしても、その後の政権に脱原発エネルギーシフトを期待することはできそうにないと思う。

この記事に出ている政治家は全て、長年にわたって原発を推進し、日本を原発だらけにしてきた旧・現自民党の政治家たちである。なにゆえこれら政治家たちは原発に固執するのであろうか。

元Japan Timesの編集者なる人物が、福島原発の地下で核兵器を開発しているという疑惑に関して記事にしたものが4月中にネットで出回った。当初私はまさかと思い、陰謀論系のガセネタの類かと思っていた。こうした話は現場を確認できない以上、確かめるすべもなく、この場で検証できるような性質のものではないので、当ブログでは取り上げてこなかった。

ただ今回の首相経験者4人も含む元自民党系の大物政治家たちが集まって地下原発推進議連をするというニュースに触れ、あまりにも不自然な印象を受けた。ネット言論上ではすでに原発が全廃されても電力不足が起こらないことが指摘され、代替エネルギーに関しても議論が進められている。よって新規に地下に原発を建設してまで原子力発電に固執するのは不自然であり、理解しがたいものがある。この不自然さゆえに、何か国民に知られてはまずい秘密でも原発にはあるのではないかという素朴な疑問にたどり着くのである。

現段階で検証できない以上、原発で秘密裏に核兵器を開発しているという説を私は支持しているわけではない。しかしこのようなことが実際にあっても不思議ではないと思う。こうした意見があるということをご紹介するのみにとどめておきたい。どう解釈されるかは皆さまにお任せする。興味のある方は以下の記事をお読みいただきたい。

元Japan Times編集者島津洋一氏による記事4月6日付(英文)リンク↓
Is Japan’s Elite Hiding A Weapons Program Inside Nuclear Plants?
その訳文リンク↓
ブログ「つながっているこころ2」様4月18日付
それを報じた中国網(チャイナネット)日本語版記事4月15日付リンク↓
日本人ジャーナリストが驚くべき推測告白 福島原発で核兵器開発
これと関連する海外ブログ記事2本(英文)
Former Editor of Japan Times – Says Nuclear Bombs were being Built under Fukushima – Very Interesting Case Laid out (4月17日)
Like Israel, Japan is a “secret” nuclear power(4月11日)

上記と直接関係無いが読みごたえあり↓
知らないのは日本人だけ? 世界の原発保有国の語られざる本音」(JB PRESS、5月10日)

[その他注目記事]
福島原発3号機 水蒸気爆発で放射性物質が大量飛散する恐れ」(Newポストセブン、5月21日)
ダダ漏れなのか! ストロンチウム90が海を殺す恐怖 東電の情報操作にはもうウンザリだ!」(現代ビジネス、5月21日)
反原子力の声強まる日本」(ルモンド、5月20日)
福島原発:津波が来る前に放射能漏れの可能性-地震で既に打撃か(1)」(ブルームバーグ、5月19日)
福島第1原発、事故直後の新事実が明らかに―WSJ分析」(ウォールストリートジャーナル、5月18日)

↓↓よろしければクリックをお願いします!日本ブログ村政治ブログランキング
にほんブログ村 政治ブログへ
Advertisements
This entry was posted in 生活, 社会, 福島原発, 原発, 放射能, 政治, 政治・時事問題, 日本, 日本社会, 民主主義. Bookmark the permalink.