黒澤明・忌野清志郎の遺言「原発はいらない!」 脱原発のエネルギー政策への転換を!

にほんブログ村 政治ブログへ

[黒澤明の『夢』と原発利権の懲りない面々]

でもね、「原発は安全だ。危険なのは操作のミスで、原発そのものに危険はない。絶対ミスは犯さないから、問題はない」ってぬかした奴ら、許せない! あいつらみんな縛り首にしなくちゃ、死んだって死に切れないよ!

黒澤明監督『夢』(1990)は8話からなるオムニバス形式の映画である。上の動画はその中の第6話「赤冨士」である。原子力発電所が次々と爆発を起こし、放射性物質が拡散し、日本滅亡の破局を迎えたという設定である。この緊張感は、核戦争後という設定の第7話「鬼哭」(リンク1リンク2リンク3)に引き継がれる。この第6話と第7話は、行き過ぎた文明を批判し自然との共生を訴える最終話「水車のある村」(リンク1リンク2)と見事なコントラストをなしている。

福島原発は幸い現状ではここまでの破局に至らずに済んでいるが、まだ予断を許さぬ状況である。黒澤監督が1990年に発したメッセージを、我々は福島の原発震災を経験してやっと噛み締めることができる地点に立ったのかも知れない。今回の原発震災を教訓とし、エネルギー政策の根本的な転換を図っていくべきである。

さて、「赤冨士」の中の女性が訴えるところの「縛り首」に値する連中であるが、具体的には原発利権企業、原発推進をしてきた官僚・政治家、これらとつながっている御用学者、そして財界に事実上買収されているに等しいマスコミのことを指していると思われる。いまだに彼らが以下のようなトンデモ発言をする様子を見ていると、あたかも集団発狂しているかのようで、やりきれない思いにさせられる。うだうだと言い逃れをせず潔く責任を取るといった一昔前の指導者たちの姿をここに見出すことはできないのが残念である。エリート階層の劣化は著しいと言わざるをえない。

原発「津波に耐え素晴らしい」 原子力行政「胸を張るべきだ」 経団連会長が発言(『北海道新聞』3月17日)
(*なお経団連会長の米倉弘昌氏は住友化学会長であるが、経団連副会長には清水正孝・東京電力社長、西田厚聰・東芝会長、川村隆・日立製作所会長などの原発関連企業トップが名を連ねている)

「原子力利用が不可欠」与謝野馨・経済財政担当相(3月15日)時事通信

飯田哲也氏のツイッター3月16日より転載>
iidatetsunari 飯田哲也 tetsu iida@ISEP
【要注意】この人の専門は原子力工学でも原子力政策でもなく経営学です。無責任に楽観的。 RT @JP_YellowCab: MIT研究者Dr. Josef Oehmenによる福島第一原発事故解説 http://bit.ly/gwekt9#jishin #genpatsu
【トンデモ発言その1】「これを乗り切れば、安全な原子力発電所として、世界中に売り込める」諸葛宗男 東京大学公共政策大学院特任教授@3月15日TBS朝ズバッにて。元東芝の原子力担当幹部です。 http://bit.ly/dXYn3j
【トンデモ発言その2】「チェルノブイリに比べれば、ぜんぜん大したことではない」山名元 京都大学原子炉実験所教授@3月15日TBSNEWS23クロスにて。元動燃の研究者です。http://bit.ly/fEGuGv
【これも必読】純丘曜彰「原発学者たちの良心を疑う」同感。NHKも民報も「まだ安心・大丈夫」という御用学者を解説に使うことは、もはや犯罪的では?  http://bit.ly/gmAIUk

にほんブログ村 政治ブログへ

[RCサクセション「サマータイム・ブルース」「ラブ・ミー・テンダー」]

1988年に制作されたこれら2曲は東芝EMIの親会社である東芝が原発関連企業であったため、発売を中止されたのは有名な話である。急遽キティ・レコードから発売された。

もし今、黒澤氏や忌野氏が生きておられたら、何と言われるだろうか。

———————————

「サマータイム・ブルース」(歌:RCサクセション/オリジナル作詞作曲:E. Cochran & J. Capehart/替え歌作詞: 忌野清志郎)

暑い夏がそこまで来てる
みんなが海へ繰り出していく
人気(ひとけ)のないところで泳いだら 原子力発電所が立っていた
さっぱりわかんねぇ  何のため?
狭い日本のサマータイム・ブルース

熱い炎が先っちょまで出てる
東海地震もそこまで来てる
だけどもまだまだ増えていく 原子力発電所が建っていく
さっぱりわかんねぇ 誰のため?
狭い日本のサマータイム・ブルース

あくせく稼いで税金取られ
たまのバカンス、田舎へいけば
37個も建っている 原子力発電所がまだ増える
知らねぇうちに漏れていた
あきれたもんだなサマータイム・ブルース

寒い冬もそこまで来てる
あんたもこのごろ抜け毛が多い
それでもテレビは言っている 「日本の原発は安全です」
さっぱりわかんねぇ 根拠がねぇ
これが最後のサマータイム・ブルース

電力は余ってる
いらねぇ もういらねぇ
電力は余ってる
いらねぇ 欲しくねぇ
電力は余ってる
危ねぇ 危ねぇ

電力は余ってる (原子力は必要ねぇ)
いらねぇ 欲しくねぇ (いらねぇよ 必要がねぇ)
電力は余ってる (余ってるんだってよ)
いらねぇ もういらねぇ (電力会社は儲けてる)
電力は余ってる (危ねぇ)
危ねぇ 危ねぇ (危ないぞ 危ないぞ)

電力は余ってる
いらねぇ もういらねぇ (癌になりたくねぇ)
電力は余ってる (危ねぇ)
いらねぇ 欲しくねぇ (俺は癌で死にたくねぇ)

電力は余ってる
危ねぇ 危ねぇ
電力は余ってる
危ねぇ 危ねぇ

(君の 君の 君の 君の子どもが欲しいなー僕
ベトちゃんドクちゃんみたいじゃない子がいいなーときた)

(危ねぇぞ! 危ねぇ!)

↓↓1日1回応援クリックをぜひお願いします!書くパワーをください!
にほんブログ村 政治ブログへ
Advertisements
This entry was posted in その他, ファシズム, マスコミ問題, 生活, 社会, 福島原発, 偏向報道, 原発, 放射能, 政治, 政治・時事問題, 日本, 日本社会, 民主主義. Bookmark the permalink.