海外より祈っております。団結して国難を乗り切りましょう。浜岡原発の即時停止を。

『3・19東京一万人集会』は中止となりました

にほんブログ村 政治ブログへ

東北大震災が発生し、言葉を失ってしまいました。海外在住ですので、もどかしい気持ちで、ただただネット配信されるニュースやツイッターから情報を得るばかりでした。

何を書いても、うまく気持ちをお伝えすることができないと感じたので、ブログを書くのを控えておりました。今はこのような評論記事よりも、的確な情報の方が大事な時であります。

お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。被災された方々に対し心よりお見舞いを申し上げます。まだ十分な救援を得られない方々に一刻も早く支援が届きますようお祈り申し上げます。皆様のご心境を思うと、本当に言葉がありません。救援隊、ボランティアの方々もがんばってください。頭が下がる思いです。

そして、福島原発がこれ以上の大惨事にならぬよう、ひたすら祈っております。現場で作業されておられる方々のご無事と作業の成功を祈っております。

一刻も早い救援・事態の収拾がなされ、国民が力を合わせ復興の途につくことができるようただひたすら願うのみです。

[浜岡原発:念のために即時停止を]

専門家からその耐震性に疑問が呈され、「世界一危険」といわれる浜岡原発について、この際万が一に供えて、安全に停止できる今のうちに英断を下して一旦停止していただきたいと希望致します。

停止した上で、安全性に関しては推進派・利権派・反対派それぞれの思惑・プロパガンダを持ち込まずに、純粋に技術論的に議論していただければと思います。

現在進行中の福島原発の状況を見ても、「想定外の事態」が起こってしまっては手遅れとなります。こうした「想定外」の災害が起こってしまった以上、この規模の災害も今後は「想定内」とせねばならないのは議論の余地のないことであると思います。このことは浜岡原発に限らず、全ての原発に関して言うことができると思います。

基本的なことではありますが、安全こそが最も重要視されるべきであり、今回のように放射能漏れが起き被爆者が出るといったことが二度とあってはなりません。余震や誘発地震が起きてからでは遅いのです。「安全だ」と強弁を張るのではなく、とりあえず万が一の事態に備えて、その他の原発に関しても危機感を持っておりますが、少なくとも浜岡原発に関しては即時停止していただきたいと思います。

私はパニックを煽るつもりで書いているのでは決してありません。このような状況下で、安全性に疑問符の付けられている原発が稼動しているということこそが、人々の不安をかきたてるのではないかと思うのです。ぜひとも英断を下していただきたいと希望します。

参考資料:「日々坦々」様の資料ブログより
設計者からの諌言:「浜岡原発は制御不能になる」

[『3・19東京一万人集会』中止のお知らせ]

前回の記事でお伝えしました、『3・19東京一万人集会』は東北大震災の発生に鑑み、中止されることが決定されました。

実行委員長・二見伸明氏ツイッターより。

「二見です。「3.19一万人東京集会」を中止します。「3.19」に賛同され、ご協力くださった方々、裏方に徹し、ボランティア精神で頑張ってくださった方々に心から御礼、感謝申し上げます。私は政治を変えたいという皆様の思いを生涯忘れることはないでしょう。次の機会を楽しみに。」
にほんブログ村 政治ブログへ

Advertisements
This entry was posted in その他, デモ情報, 社会, 日本, 日本社会. Bookmark the permalink.