民主党全議員に電話・FAXをしよう(2) 民主党は直ちに両院議員総会を開催せよ!

民主党全議員に電話・FAXをしよう!日本の民主主義を崩壊させないために!
TBS捏造報道発覚か?TBSに集中抗議をしよう!

にほんブログ村 政治ブログへ

西東京市議会選惨敗と民主党役員会の暴挙

昨日12月26日に菅首相のお膝元の西東京市で投開票が行われた市議会選では、民主党候補7名中現職の4名が落選し、民主党は惨敗した。定員28名で、立候補者数34名であるが、当選した民主党候補の最高位は22位であった。最後の7議席を奪い合うという惨状であったのだ。落選者6名のうち4名が民主党候補である。菅政権が誕生してから民主党の地方選挙でどれだけ敗北が続いているのか、もはや記憶できないほどである。菅執行部はいいかげん敗因を小沢氏に不当につけられた「政治とカネ」なる実態のないフィクションに帰結するのはやめ、自らの失政と選挙対策の稚拙さを認めるべきである。しかし本日の役員会の決定を見る限り、反省の色は全くうかがえない。

今日12月27日、民主党役員会が開かれ、次期通常国会開会までに、小沢一郎元代表の衆院政治倫理審査会招致について党として議決する方針を決定した。25日には挙党体制を求める連合の幹部と協議した菅首相と岡田幹事長であるが、結果としてこれを無視し、国策捜査と偏向報道の被害者といってよい小沢氏を追い詰めるという「小沢切り」路線を強硬に突き進もうとしている。23日には、誰がどのカネで勘定を支払ったのかは知らないが、菅首相はマスコミ幹部と湯豆腐を食べているが、最大の支持母体の仲介を無視してまでも、偏向マスコミの言うがままになっているようで、もはやつける薬もない様子だ。そして勘違いも甚だしいのが仙谷官房長官である。小沢氏を自発的離党あるいは離党勧告で追い出すという趣旨の発言をしているが、仙谷氏自身が参議院で問責決議を可決されたことは一体どうなったのであろうか。執行部が密かに連立を打診し、仙谷氏が期待を寄せていた、たちあがれ日本にも断られた模様で、追い詰められた執行部は「小沢切り」を連立の条件としている自民との従米翼賛大連立を成し遂げようとしているのかも知れない。

二元化した言説・「王様は裸だ!」

現在の日本では言説が二元化している。マスコミが作り出す虚構の言説と、事実を直視・検証した上でインターネット上で流れる真実の言説である。政治家にはそろそろマスコミの虚構という土俵の上で相撲をとるのをやめていただきたいと思う。これほど国民を愚弄した話はないからだ。マスコミが何を言おうが無視して、正々堂々と正論を通していただきたい。政治家は国民の代表であって、マスコミの代弁者ではないのだ。マスコミは自分の都合のいいように情報操作をし、国民を洗脳して、自分たちの利権に執着しようとしているにすぎない。この虚構に気付いた国民はもはやこの虚構に戻ることはない。王様は裸であることに気付く国民の数は増えることはあっても減ることはないのだ。政治家はマスコミがどう見るかではなく、国民の為に汗をかいていただきたい。

現在マスコミで「政治とカネ」なる作り話が実在しているかのように騒いでいるジャーナリスト気取りの論説委員、評論家、アナウンサー、芸能人など、まさに「裸の王様」である。菅首相は「裸の王様」幹部と湯豆腐を食べ、真剣に何事か話し合い、彼自身も「裸の王様」の眼鏡にかないたいと必死の様子であるが、その様子を想像すると非常に滑稽である。「王様は裸だ!」と叫んで、笑いものにしてやろうではないか。言論人が信頼するに足るかどうかを知る上で、この「政治とカネ」なるものはリトマス試験紙になると私は思う。小沢氏の一件が検察とマスコミによる冤罪であること(あるいはその可能性が非常に高いこと)を公言しているかどうかが分かれ目である。現在の言論界で活躍する評論家のうち一体何名がこうしたことを公言し、検察・マスコミを非難しているだろうか。残念ながらほとんどいないと思う。つまりは彼らも「裸の王様」の一味と判断してよい。言説でメシを喰う連中は嘘に加担した途端に、その存在の意義を喪失するか、存在そのものが社会にとって有害となる。彼らはその虚構が崩壊すると淘汰されるので、必死で虚構を守ろうとしているだけだ。「王様は裸だ!」と叫ぶ人が増えるにつれ(実際に増えている)、虚構は崩壊し、彼らは笑いものにされ、哀れな末路をたどることであろう。

再び民主党全議員に電話・FAX攻勢をかけ、両院議員総会を開かせよう!

民主党役員会で暴挙がなされた以上、我々も座視することができない。直ちに両院議員総会を開かせ、執行部の責任を追及させるべく、民主党全議員に電話・FAX攻勢を再びかけていただきたい。王様は裸だともう我々は気付いていること、政治家は裸の王様のシナリオに沿って茶番を演じる必要はなく、国民に直接話せばいいこともぜひ伝えていただきたい。菅執行部をこれ以上のさばらせてはならない。来年がよい1年となるか、最悪の1年となるかは、政治家と我々の行動にかかっている。「王様は裸だ!」と大声で叫ぼうではないか。

↓↓応援クリックお願いします!書くパワーをください!
にほんブログ村 政治ブログへ
Advertisements
This entry was posted in マスコミ問題, 社会, 偏向報道, 政治, 政治・時事問題, 日本, 日本社会, 民主主義. Bookmark the permalink.

One Response to 民主党全議員に電話・FAXをしよう(2) 民主党は直ちに両院議員総会を開催せよ!

  1. Pingback: 革命と反革命の2010年までを振り返る: 「書に触れ、街に出よう」を立ち上げるまで | 書に触れ、街に出よう nico's blog

Comments are closed.