新たなネットメディアの必要性 APF通信の動きに期待する

にほんブログ村 政治ブログへ

[沖縄県民の民意は県外または海外移設]
沖縄県知事選挙が昨日行われ、接戦の末、現職の仲井間氏が再選を果たした。ご存知の通り私は伊波氏支持であったので残念な結果ではある。投票率の低さも指摘されるが、県民の意思は示されたわけだ。
普天間基地移設問題については、金城氏が県内移設、仲井間氏が県外移設、伊波氏が海外移設を訴えたのだが、沖縄県選挙管理委員会のデータを元に得票数を有効投票総数で割った得票率を計算すると、金城氏が2%、仲井間氏が52%、伊波氏が46%となる。つまり沖縄県民の実に98%もの人が県外か海外への移設を希望しているということになる。私は46%もの人が海外移設を求めたということに注目し、高く評価している。仮に当選すれば日米合意が最もスムーズに履行できると考えられる金城候補はわずか2%の支持しか集めることはできなかったわけだ。仲井間知事も再選後、日米合意の見直しを求めると述べており、沖縄県民は今後もこの点を注視していくだろう。菅内閣はこの沖縄の民意を重視し、直ちに日米合意を見直す手続きに入るべきである。菅首相や前原外相が訪問すべき先は沖縄ではなく、ワシントンである。また、在日米軍が必要と主張する政治家たちは、沖縄県民の負担を軽減すべく、自分の地元で米軍基地誘致運動をただちに展開し、沖縄の民意に応えていくべきである。もし日本中どこも基地を受け入れたくないということであれば、やはり沖縄の46%もの人が同意するように、海外に移設するのが好ましいという国民的結論に行き着くことになろう。その中で、在日米軍や日米安保、日本の防衛というものについて正面から議論が起こってくるのが好ましいと思う。

[この国の現実を認識し、長期持続可能な戦略を考える必要]
もし伊波氏が勝利すれば、日本の路線を劇的に転回させるいい機会となったと思う。しかし、何事も二元論的に考えたり、性急に結果を求めてはならないと自戒する次第である。既得権益勢力の壁、そして所謂「B層」の壁はまだまだ厚く、簡単に崩せるものではない。短期間で白黒つけようとエネルギーを集中するとすぐにバテてしまうので、マラソンのように長期にわたって持続できる運動を考えていくべきだと思う。
マスメディアがプロパガンダばかり垂れ流す今、気付かない人たちは全く気付くことがない。気付いている人にしてみれば、それは不思議なことに思え、そしてどうして気付かないのだと苛々することであろう。また気付いていない人からすれば、この人たちは一体何を騒いでいるのだろう?頭がおかしいんじゃないか?などと思ったとしても不思議ではない。我々はこの現実に目を向け、受け入れることから始めないといけない。
この状況を考える上で、映画「マトリックス」における設定は、単純化しすぎたきらいはあるが、良いたとえになると思う。自分がバーチャル・リアリティの世界に住んでいるなどということには普通は気付かないのである。「マトリックス」の主人公のネオも当初は全く気付くことなく(仮想世界での)日常生活を営んでいたのだが、実はそこがマトリックスというプログラムの中で、自分だと思っていたものが実際はアバターでしかないことを教えられる。人間の本体はカプセルに閉じ込められ、そこでプラグを挿入され、夢を見るような状態に管理され、非常にリアリティのある仮想空間の中で生活をしている。殆どの人類はそのような状態にされ、生き残った人々やマトリックスから救出された人々(つまりアンプラグされカプセルから出された人々)はザイオンという所に住んでいて、人類をマトリックスに閉じ込めたところの、知能を有する機械と戦っているという設定である。
この映画では、実は、ザイオンに住む生き残った人たちやマトリックスから脱出し覚醒しえた人たちというごく少数の人々の救済のみがテーマとなっていて、カプセルの中でプラグを挿入されたままマトリックス世界に住んでいるその他大多数の人類の覚醒や救済ということはテーマにはなっていない。また善悪二元論的な世界観やキリスト教の黙示録の終末論が色濃く表れている。私はこのストーリーラインは嫌いだが、設定が非常に面白い映画で、考えさせられることが多々あった。ちなみにこの映画の監督のウォシャウスキー兄弟は『消費社会の神話と構造』(邦訳 今村仁司・塚原史訳, 紀伊国屋書店, 1979)で有名なフランスの社会学者ジャン・ボードリヤールの影響を強く受けているという。この話を聞いてなるほどと思った。

[オールタナティブとしてのインターネット・メディアの必要性]
話は少々脱線したが、幸い我々はこのような仮想空間に住んでいるわけではない。そして我々が真剣に考えるべきは気付いていない多数の人たちをどのように気付かせるのかということで、映画「マトリックス」とは当然異なる目標を考えなくてはいけない。そうしないと、日本国民の情報面における分裂傾向に歯止めがかからなくなる恐れがある。
人々が気付かない主たる原因はマスコミによる情報操作である。マスコミを潰せなどと言ってもそう簡単には潰れないであろう。私たちがしていくべきことはマスコミの偏向報道や情報操作を糾弾していくことと同時に、オールタナティブとしてのインターネット・メディアを作り育てていくことであると強く思う。個々のブロガーが奮闘しても、掲示板で暴き立てても、ツイッターで情報拡散しても、情報がバラバラに出てくれば力が分散し弱い。また取材力がないという点でも弱いと思う。私は名もない新米ブロガーであるが、自分の非力さを痛感する日々である。力は結集したほうが効果的である。
以前の記事でも書いたが、ニコニコ動画のようなものに加え、独自取材をし、マスコミが流さないニュースを報道する能力が加われば、たとえそれが小さなものでも新たなメディアとしてこの国の情報統制に風穴を開け、貴重な役割を担っていくのではないかと思う。マレーシアにおけるインターネット・メディアの役割と効果について記事にしているので、ご参照いただきたい。私自身もこう主張するだけでブログに安住するのではなく、このようなことを実際にやってみたいのだが、何か積極的なアイデアや本気でやりたいという方や出資してやろうなどという方がおられたら、お知らせいただきたい。
私は実は、一連の検察マスコミ糾弾デモを取材したAPF通信の動きに注目している。APF通信では新たな本格的ネットメディアを作るべく、人々に株主になってもらいサポートしていただけるよう山路徹代表が訴えている。こうした動きが出てきたことはもっと広く知られるべきだと考え、このブログで紹介することにした。詳細はAPF通信サイト山路氏のツイッターをご参照いただきたい。私はこれが市民のためのメディアとして既存マスコミに対する突破口になるかもしれないと大いに期待している。

↓↓応援クリックお願いします!書くパワーをください!
にほんブログ村 政治ブログへ

---------------

Advertisements
This entry was posted in ファシズム, マスコミ問題, 偏向報道, 政治, 政治・時事問題, 日本, 日本社会, 民主主義. Bookmark the permalink.