【決定!】24日のデモの決行決まる!12:15水谷橋公園集合!

*11月5日予定の「マスコミの偏向報道を許さないデモ」の情報ページはここをクリックしてください。このページは前回10月24日デモ(既に終了)の情報です。ご注意ください。きょうこのページのアクセスが多かったので気になりました。(10月29日22:30記す)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

10月24日(日)の東京デモの集合場所・時間が決定し主催者の方より発表されましたので、お知らせします。

主催: 「権力とマスコミの横暴に抵抗する国民の会」
実行委員長:    矢野健一郎
呼びかけ人代表: 檀公善

テーマ:「検察・検審を糾弾するデモ」

集合時間: 12:15集合 12:30スタート

集合場所: 東京都中央区銀座1丁目12 水谷橋公園   集合場所の地図リンク

ホテル西洋銀座の裏側

[ 交通 ] : JR東京駅八重洲南口から徒歩約8分/JR有楽町駅京橋出口から徒歩約8分/
地下鉄有楽町線銀座一丁目駅7番出口から徒歩約1分/ 地下鉄銀座線銀座駅A12番出口から徒歩約5分

コース:   外堀通り、数寄屋橋交差点経由で、日比谷公園まで(約40分ほどの行程)

*デモ集合場所の地図リンクはツイッター「徳さん」のご厚意によるものです。ありがとうございます。

[追加情報:デモ参加者へのお願い]

デモ主催者の方からツイッター経由でデモ参加者へのお願いが回ってきましたので、紹介いたします。

「デモスタート前に警察からの安全、警備 上の注意並びに主催団体からの禁止事項やお願いは、申し述べますがデモ隊列の内外を問わず、他人に対し暴力的行動や危害を加える人物は、即デモ参加者とは みなさず、隊列から排除、悪質な場合は警察に引き渡します。くれぐれも民主的な意思表明行動を逸脱しない。」
「デモ行進中は歩道や車道から挑発的な野 次や罵倒があっても、決して挑発に乗らない、隊列から出ない。友好的声援に、笑顔で手を振る位にしてください。守れない場合にはすぐに隊列から、排除し警 察に引き渡しますので。当該本人が罪に問われる場合があります。そんな人はいないでしょうが一応お願いです。」

~~~~~~~~~~~~~~

10月23日19:00現在の主催者の方からの情報は以上の通りです。

今回のデモは今後運動を継続していく上で重要なデモで、主催者の方々も参加者の方々も成功させたいとの思いでいっぱいだと思います。

もしデモ参加者内で暴れだすような輩がいたりすると、その部分だけをマスコミに撮影され否定的に報道をされ、デモそのものがぶち壊しになる可能性もあります。「暴徒暴れる、背後に小沢氏」などとうそつき新聞に書かれるのがオチです。

主催者のご努力とご厚意に応えるためにも、ルールを逸脱する行為を控え、またそのような行動を起こそうとする人がいたら、周りの人と協力して防ぐことが大事だと思います。そのような人物は、潜り込まされたスパイかもしれませんので、「隊列から排除、悪質な場合は警察に引き渡し」という主催者の方針はやむを得ないことと考えます。デモに参加する方はできるだけ周りの参加者の方々とコミュニケーションをとるようにすればいいのではないかと思います。

またビデオカメラをお持ちの方は予備のバッテリーと一緒に持参されることをお勧めいたします。「報道」とか「PRESS」などの腕章をつけて撮影すればなおよいと思います。(腕章は100円ショップで売ってるのを見たことがありますよ)

私の世代ではよくわからないのですが、年配の方がおっしゃるには、昔のデモ当時は、警官がデモ隊に近づいてきて、自ら「痛っ!」などと叫んで転がり、それを契機に警官隊がデモを弾圧するようなことがあったそうです(「転び公妨」を参照ください)。現代においてそのような姑息なマネをするとは考えにくいのですが、近年の「麻生邸見学ツアー」という催しでは、参加者がただ道を歩いているだけで、警察に襲われ逮捕されるということがありました。デモを守るという意味と、記録を残すという両面でビデオ撮影は大事だと思います。

私からこのブログを読んでおられる方々へのお願いなのですが、外国メディアにぜひデモの取材に来ていただけるよう依頼していただけないでしょうか。AFP、Reuter、BBC、アルジャジーラ、シンガポールのChannelNewsAsiaなどが取材に来て、日本の現状を世界に伝えることができればと思います。英語のデモ案内も当ブログで作成・掲載しておりますので(英語間違ってるかも知れませんが)、ご自由にご活用いただき、ご協力をお願いいたします。

*正式な許可が22日午後正式にに下りたとの情報が主催者の方からツイッター経由で入りました。ネット上では情報が多少錯綜しているようですが、このブログでは当初から情報の信頼性を確保するため、情報ソースは主催者の配信した一次情報のみに限定しており、確度の高いもののみを内容をまとめて配信しております。主催団体のウェブサイトが立ち上がれば、そちらでも情報の確認をお願いいたします。(註:10月23日19:00更新)

——————————

[このデモに関するその他の情報サイト]
小沢一郎に日本を託す会ブログ
また近日中にデモ主催団体「権力とマスコミの横暴に抵抗する国民の会」もサイトを立ち上げるとのことです。
[その他関連記事]
・24日デモ情報英語版 Calling for Massive Demonstration to Protest against Prosecutors’ Office & OCIP in Tokyo on 24 October (Sun)
「独立国家」を目指して ~10月24日のデモは歴史の転換点~
——————————————————
日本ブログ村政治ブログランキングに参加しました。よろしければクリックお願いいたします。
↓↓↓
にほんブログ村 政治ブログへ
Advertisements
This entry was posted in デモ情報, ファシズム, マスコミ問題, 社会, October 2010, 偏向報道, 政治, 政治・時事問題, 日本, 日本社会, 民主主義. Bookmark the permalink.