「小沢神話」を卒業すべきはマスメディアの方である

 

——————————————————————-

「小沢神話」とはマスメディアが作ったものです。「政治とカネ」にしても検察とマスメディアが創作したおとぎ話です。
つまり「小沢神話」なるものを克服する、あるいは卒業するというのは、小沢氏にある課題ではなく、マスメディアに課せられた課題なのです。説明責任は小沢氏にあるのではなく、マスメディアにあるといってよいでしょう。
高野様には、どうしてマスコミ・検察・官僚が前は麻生氏と今回は菅氏と一体化して小沢氏を潰そうと、異常なまでのバッシングをし、負の「小沢神話」を国民に撒き散らすのか、その背景と構造に切り込んでいただけたら幸いに存じます。
今回小沢氏を支持した国民の多くは旧来の「剛腕」という「小沢神話」に頼った人もいるのでしょうが、その多くは、旧体制の障壁を打破しようとする小沢氏の政策に共鳴した人たちです。この人たちは「小沢神話」なるものはすでに克服しており、政策・実行力で候補者を選び、結果で政治家の業績を評価することのできる人たちであると私は考えます。
「小沢神話」なるものに固執し、それを煽っているのは、むしろ菅陣営と官僚、マスメディアの方であります(菅氏は政権延命のため旧体制側に抱き込まれることを望んだと多くの人が感じており、これが先の脱小沢路線と消費税増税路線に現れていると思います)。
ではなぜ、彼らがそうするのかといえば、彼ら自身が小沢氏が打倒しようとしている旧体制そのものだからではないでしょうか。
高野様の論説はこの点に関して、腫れ物には触らないようにしようという態度が滲んでいるように感じられ、結果として切れ味の悪い内容になっていると感じます。
The Journalが既存のマスメディアの壁を打破するためものか、あるいはそれを補完するためのものなのか、今試されているように感じます。
私は高野様のThe Journalは、新自由クラブと同様の役割を担った陽動部隊なのではないかと考え始めております。新自クは自民党から分裂し、都市部で躍進したものの、中曽根時代に自民に復帰しております。結果として、都市部中間層の保守離れを食い止め、革新が伸張するのを防ぐ効果がありました。
The Journalは国民を旧体制側につなぎとめておく役割を担っているのかなと、最近の高野様の論説を拝読させていただき危惧しております。
なお、小沢氏とその支持議員、鳩山グループなどは、民主党を離党し新党を結成するのが筋だとおもいます。
高野様は「党分裂、政界再編成……といった『日刊ゲンダイ』あたりが大好きなドタバタのシナリオは、国民の多くはうんざりで、見たいとは思っていない」と断言しておられますが、果たしてそうでしょうか。
政党政治を根付かせるためには、政策ごとに政党が分かれたほうが国民にあいまいな選択肢をあたえるよりずっと良心的です。菅執行部の政策は自民党の財政再建論と通じるものがあり、前回衆議院選挙の際のマニフェストとは随分異なる政策を掲げております。どちらかというと、民主党から離党すべきは菅執行部かと思いますが、小沢氏側が敗北したので、小沢氏は党内のねじれを解消し、その政策を訴えるべく新党を作ればよいと思います。
政策ごとの政党がわかれ、政策を選挙で戦わせることこそ、真の政党政治制度の実現につながります。そうすることで、個人的な好悪やイメージ、神話といった呪縛から国民が解放され、政策によって投票先を選択するようになるでしょう。そして政治家も選挙で掲げたマニフェストが簡単に反故にできるものではないことを思い知るでしょう。
私は「党分裂、政界再編成……といった『日刊ゲンダイ』あたりが大好きなドタバタのシナリオ」が今あえて日本の議会政治に必要だと考えています。
投稿者: Nico | 2010年9月18日 12:34

 

——————————————————
日本ブログ村政治ブログランキングに参加しました。よろしければクリックお願いいたします。
↓↓↓
にほんブログ村 政治ブログへ
Advertisements
This entry was posted in ファシズム, マスコミ問題, 生活, 社会, October 2010, 偏向報道, 政治, 政治・時事問題, 日本, 日本社会, 民主主義. Bookmark the permalink.

One Response to 「小沢神話」を卒業すべきはマスメディアの方である

  1. Pingback: 記事アーカイブ | 書に触れ、街に出よう nico's blog

Comments are closed.